アメリカ国防総省だって環境対策を考えています

環境対策はあらゆる分野で行われている行為です。企業や工場などで様々な対策が講じられ、実践されています。工業製品の中にも自然界で分解ができる材料を使った製品なんてものもありますね。また、植林などの運動に積極的に取り組んでいるところもあるそうです。 アメリカでは国防総省も環境対策に乗り出しているそうです。そのためのアイデアを一般からも募集しているそうですよ。そのアイデアというのは「銃弾に植物の種を入れることで環境対策をしたい」というものだそうです。銃弾が分解されるまでには数百年かかると言われているそうです。そのため、環境にやさしい銃弾のアイデアを募集しているのだとか。環境対策とは対極に位置していそうな軍隊が取り組んでいるだなんて、良いのか悪いのかは定かではありませんが。何かいい案が思いついた方、自身のある方は一度応募してみてはいかがでしょうか?銃弾の環境というと自然界よりもかなり過酷な状況となっている木はしますが。

http://www.monclervips.com/

自走式イヌ用おもちゃができたそうです。

犬を飼っている方なら経験があるかもしれませんが、ボール遊びって喜んでくれますよね。ボール遊びで疲れるのはたいていの場合、飼い主の方かもしれません。早く飽きてしまうと言い換えても良いかもしれませんが。勝手に転がってくれるボールがあると便利だなって思ったことはありませんか? クラウドファンディングで出資を募っている「KOKOMI」は自動で転がってくれるボール型のロボットです。回転したり、光ったりするので、イヌを飽きさせることもなく遊んでくれる製品とのこと。これは便利そうです。シェパードの噛む力にも耐える頑丈なつくりであるため、噛んで壊れることもなく、耐水性もあるためにヨダレまみれになっても丸洗いが可能なのだとか。とはいえ、ロボットですので、お値段はそこそこします。価格は\11,800(税別)愛犬の運動不足解消に一役買ってくれるのではないでしょうか。できる限り飼い主とのスキンシップがあった方が良いのは言うまでもありませんが。

http://www.laroseeventos.com/

身近なところから大掃除しましょう

年末と言えば、大掃除を思い浮かべる方も多いかと思います。普段手の届かないようなところまで掃除しようとして、「今年中に終わるのだろうか?」なんて絶望感にとらわれた経験も多いのではないでしょうか?年末だからこそ、普段とは違うところが気になってしまうのは誰でも同じかもしれません。その前に、よく使うところで、おろそかにしているところはありませんか?そうです、今使っているパソコンや電気製品の周辺です。 家庭内に精密機器を何台お持ちですか?これらの機器の中には排熱の都合から常に空気を吸入しているものも少なくありません。ということは、これらの機器の中は埃だらけという状況を生んでしまっているかも。せっかくの大掃除なのだったら、こうしたところもキレイにしておきたいですね。アイリスオーヤマ サイバークリーンは細かいところの誇りを吸着してくれるお掃除ゲルです。キーボードのような危機はもちろん、フィギアの隙間に入り込んだホコリまで吸着してくれるのですから、コレクターの方には欠かせない掃除器具なのではないでしょうか?

http://www.zuodian.biz/

オーサグラフの世界地図

世界地図というと、何を思い浮かべますか?ほとんどの方はメルカトル図法で描かれた世界地図を想像するでしょう。ただし、この地図には欠点がありました。地理の時間に倣ったかもしれません。大陸の大きさや形が歪んでしまうことです。このことを利用したテスト問題などもあったかもしれません。つまり、あの地図のイメージでは世界の大陸の大きさの間隔がずれたままになっているのです。それもそのはず、この地図の図法は16世紀にできたもので、それ以降変わっていなかったのですから。 今年のグッドデザイン賞に選ばれた「オーサグラフ世界地図」はそんな欠点を解消した地図です。陸地の面積人形状をほぼ正確に表記した世界地図となっています。一度ご覧になってください。世界の見え方がガラッと変わりますよ。日本の歴史の教科書では写真などの内容が古くて違っているという話はよく出ていましたが、地理に至っては16世紀のままだったとは。知らないこととはいえ、恐ろしい話です。

安価新聞

休憩用VRアプリ?

Playstation VRも発売され、一般生活の中にどんどんと仮想現実世界が導入されてきています。やはり長時間ヘッドセットを付けてゲームをしていると、疲れてきますね。Playstation VRでは途中で休憩を促すメッセージが表示されるようですが、それでも続けてしまうところがこの手のゲームの魅力ですから。 それに対応するためか、あらたなアプリケーションが開発されたそうです。anywhereVRと呼ばれるこのソフト、MR(複合現実)と呼ばれるVRのなかに現実を投影させる概念にアプローチしたものだそうです。現実に撮影した様々な風景が映し出され、リラックスさせてくれるのだとか。こんなソフトまであったとは知りませんでした。更に極め付けなのは、何とVR内でスマートフォンの操作ができるということです。専用アプリで連携させれば、装置を付けたままスマートフォンの画面が投影されて操作もできるのだとか。ここまでは予想していませんでした。ということは、ヘッドセットをつけたままでかなりの時間を過ごせるわけですね。良いのかどうかがわかりませんが。

コップ

広告を非表示にする

限定ミニカー

ミニカーで遊んだことがある方多いのではないでしょうか?子供の頃はただのおもちゃでしたが、大人になって改めて見ると違う雰囲気を感じてしまいます。時代を代表する車がミニカーとして採用されていたわけですから、コレクターになってしまう気持ちもわかりますね。なんでもないところでもミニカーが数台展示されていたら、立ち止まってしまいます。 ミニカーブランドの「RAI’S」から限定生産のミニカーが販売されるそうです。このメーカーは警察車両を主に扱っているのですが、「実写に存在しない車両はモデル化しない完全限定生産モデルブランド」として知られているとのこと。そんなブランドメーカーが発売するのは昔の機動隊車両です。「1987 警察本部警備部機動隊警備車兼輸送車両」という名前なのですが、学生運動最盛期の頃から使われていたという機体だそうです。昭和の名シーンみたいな番組で見たことがある人もいるかもしれません。年配の方では実際に見たことがあるかもしれませんね。

http://www.hakmahvb.com/

広告を非表示にする